• コンセプト
  • ネイルトラブル
  • ネイルメニュー
  • ネイルギャラリー
  • ネイルスクール
  • お客様の声
  • お問合せ
  • RSS
  • facebook
  • twitter

nailtrouble-heading

爪の大切さ

爪は、私たちの生活にとても重要で大切な役割をしているのです。

例えば、物を掴むという動作について考えてみましょう。
物を掴む動作は指がしているので、爪は関係ないのでは?と思うかもしれませんね。

でも、指は、指先まで骨が届いていませんよね。
爪が、かかる力を受け止めてくれるから物をつまんだり、掴んだりなどの細やかな動きができるのです。
また、足の爪は、体バランスをとる役割もしています。
もし、爪がなかったら、物を掴んだり字を書いたりはもちろん、歩くこともできないでしょう。

つまり、爪は生きていく為に重要な役割をしているといえるのです。
スポーツ選手が特に、爪のケアを重要視しているのはこのためです。

爪とは?

爪は、皮膚や髪の毛とは全く異なるものと思われがちですが皮膚と同じく、主成分はタンパク質です。
タンパク質とはケラチン、つまり一般にアミノ酸と言われているものです。

皮膚は硫黄を含む量が少ないアミノ酸
爪と髪の毛は、硫黄を含む量が多いアミノ酸

と言うことは、爪も皮膚の仲間なのです。

皮膚や髪の毛と同じようにお世話をしていますか?

皆さんは、爪の健康を考えたことはありますか?
『爪の健康』といわれても、ピンとこないかもしれませんね。
それでは、お肌や髪の毛はどうでしょうか?
肌は化粧水や乳液や美容液、髪の毛はコンディショナーやトリートメントなどで栄養や保湿などをされているかと思います。

さて、では爪はどうでしょう??

保湿の為に、何かを塗ってあげていますか?
伸びてきたら、爪切りでパッチンパッチン切っていませんか?
そして亀裂が入っても、放置するか、せいぜいカットバンで覆うくらいではないですか??

何度も申しますが、爪もお肌や髪の毛の仲間なので乾燥もするし、とても大切な身体の一部です。

『割れてしまったら切るしかない』『どうせこの爪の形は変わらないし…』などとあきらめず、可愛がってください。
皆さんのちょっとした意識の変化で、健康な爪を目指せるのです。
ネイルサロンは、皆さんの変化への第一歩をお手伝いできる場でもあるのです。

爪の悩みやトラブル

多くの方が、何らかの爪のトラブルや悩みを抱えているといわれています。
でも、何も対処をせずに過ごされる方も多いと聞きます。
その理由は、「トラブルだとは思わなかった」「どこに相談すればよいのかわからなかった」などです。

では、どういった爪の悩みやトラブルが多いのでしょうか?

  • 巻き爪
  • せっかく伸びてきても割れてしまう
  • 短くて形が悪い
  • 表面がボコボコなっている
  • 二枚爪になっている
  • ささくれがある
  • つい噛んでしまう
  • 薄くてすぐ折れる
  • 線が入っている など様々です。

NAIL’S RAVIにも、爪のトラブルや悩みを抱えている方がお越しになります。
そこで、ご相談にいらした方の対処例を一部ご紹介いたします。

《ケース1》カットできない場所に亀裂が入ったお客様

乾燥した季節だけではなく、よく見られるのが爪の亀裂です。

ぶつけてもいないのに、いつも同じ指に亀裂が入ってしまう。
放置しておくと、洋服や髪の毛に引っ掛かかり、亀裂も広がります。
短くできる場所だといいのですが、そうじゃないと、カットバンなどで覆い伸びるのを待ったり・・・

こちらのお客様も、切れない場所が割れてしまっています。
このまま亀裂が広がったら、出血しそうな位置ですね。

そんなことになる前に、ご相談ください。

カットできない場所に亀裂が入ったお客様(before)

before

カットできない場所に亀裂が入ったお客様(after)

after

専用の材料を使用して、修復しています。
さらに、ダメージが起こりにくい爪へのホームケアアドバイスも行いました。

《ケース2》1本だけ折れて長さのバランスが悪くなったお客様

せっかく伸びたのに、1本だけ折れてしまう…
バランス悪いけど、伸びるまで我慢しよう。

そんな経験をされた方も多いはず。

折れたからといって、あきらめる必要はありません。
専用の材料で、折れて短い爪でも長さを揃えることができます。

1本だけ折れて長さのバランスが悪くなったお客様(before)

before

1本だけ折れて長さのバランスが悪くなったお客様(after)

after

深爪でお悩みの方にも、対応できる施術内容となっています。

《ケース3》二枚爪でずっと悩んでいたお客様

爪のトラブルで、とても多い二枚爪

原因は、乾燥や爪切りの使用だけではありません。
血流が悪い場合でも起こる症状です。

爪はミルフィーユみたいな層になっており、内側の層はデリケートな部分です。

そんな、内側の層がむき出しになっている二枚爪は、誤った方法で修復すると、ますます爪のダメージが強くなります。
そして、せっかくのネイルも長持ちしません。

以下は、二枚爪でお悩みのお客様ですが、2つのパターンで修復しています。

ジェルでの補修

ジェルでの補修(before)

before

ジェルでの補修(after)

after

ジェルのようなツヤではなく
自然な仕上がりを希望された例

ジェルのようなツヤではなく 自然な仕上がりを希望された例(before)

before

ジェルのようなツヤではなく 自然な仕上がりを希望された例(after)

after

二枚爪は、コーティングだけで改善するものではありません。
サロンやご自宅での、継続したお手入れが大切です。
もちろん、ご自宅での簡単なお手入れ方法などもアドバイスさせていただきます。

《ケース4》足のタコとかさつきが気になるお客様

かかとがガサガサしていると、ストッキングに引っ掛かって伝線してしまう。
足裏のタコが痛くて、長時間立っていたり、歩いたするのがつらい。

そんな足裏のトラブルに悩まれている方も多いようです。

ここで、足裏のタコについて少しお話ししましょう。

足裏のタコは、圧迫などの刺激が繰り返されることが原因で起こります。
皮膚を防御する働きから、角質層の一部が厚くなってしまった状態ですで、高いヒールを履く方や、外反母趾の方に多く見られます。
主に足裏の中指下側や親指の側面、小指側にできますが、中にはかかとにもできる場合があります。

ただ、タコが出来てしばらくは、皮膚が厚く鈍感になっているので痛みは感じません。
多くの人は痛みがないかもしれません。
でも悪化すると、圧痛を感じ亀裂が入り、強い痛みを伴うこともあります。

さらに、足裏や爪周りの溜まった角質は、嫌な臭いの原因にもなります。

靴の中は、高温多湿な環境です。
蒸れて柔らかくなった角質をエサにして、雑菌がどんどん増殖する時に嫌な臭いを発するとも言われています。

硬くなった角質のお手入れを自分でしようにも、どこまで?どれくらい?の加減がわからない。
効果も微妙…と悩まれている方は是非サロンでのお手入れをオススメします。
安全にしっかりとケアしながら、理想の足裏を目指せますよ。

足のタコとかさつきが気になるお客様1(before)

before

足のタコとかさつきが気になるお客様1(after)

after

足のタコとかさつきが気になるお客様2(before)

before

足のタコとかさつきが気になるお客様(after)

after

こちらのお客様は、フットトータルケアと足裏のタコのお手入れをしました。

足裏だけでなく、爪周りの甘皮もケアしカラーを行い、すっきり美しい足に喜ばれていました。

 

ネイリストは、爪を美しく健康に導くためのアドバイザーです。

お顔や髪の毛は鏡を通してしか見られませんが、爪はいつでも見ることができます。
健康できれいな爪は、皆さんの心にきっと魔法をかけてくれます。

あきらめないでください。

爪は変えていくことができます。
そして、ネイルを長く楽しむためには、爪の健康がなにより大切なのです。

NAIL’S RAVIが、皆様の爪の駆け込み寺になれますよう、そして健康な爪へ生まれ変われるよう、精一杯お手伝いをしていきます。